リスニングパワー

ヒアリングとリスニングの違い

英語の習得において「聞くこと」2段階に区別されます。第一に「ヒアリング」とは英語の音声を明確に「聞き分ける」能力を意味します、第二に「リスニング」とは英語の音を聞き取りその音声から言葉の意味を明確にくみ取ることで英語のコミニュケーションがはじめて成り立ちます。ここで英語・英会話を上達させる最終目的は「リスニング力」を早く身につけることが重要です。

英語リスニング教材を活用

リスニングパワー

リスニングパワーはアメリカ人言語学者スコットペリー先生が独自開発した日本人向けに特化したサウンド音から耳を英語の音に慣らしていくのがコンセプトとしてCDに収録された英語リスニング教材です。

インフォメーション リスニングパワー購入について

おすすめ英語教材

英語ヒアリング力 上達法

チェック
ヒアリング「聞き取り」とは耳を英語のアルファベットの発音づけにして慣らしていく過程でそれ以上の効果を期待したり他の方法をミックスしないことです。また、英文テキストにも頼ってはいけません!
耳を英語の音声に慣らす訓練ですので基礎的なABCDの英単語を一個づつ聞き分けられるようにすることをオススメします、例えば日本人が苦手とする英語の発音は「RとL」音の区別できる人が少ないのも典型的にヒアリングができていないからです。

ヒアリング能力は英語の聞き取り能力のゴールではなく、原点と思っていただき、そして「リスニング力」は本人がどれだけたくさん英語に触れ、英語の単語から文化まで英語のあらゆる知識を吸収するかによって上達するスピードが異なってきます。


英語リスニング 上達法

チェック
英語のヒアリング「聞き取り」ができるようになったら音を聞き分けることができた進歩です、次の段階はよいよリスニングで聞いて意味を理解する段階に上達しなくてなりません。リスニングの練習中には自然とヒアリングの訓練も同時にされ向上されます、ここで順番を間違えず必ず”ヒアリング”から始めることで、あなたの英語リスニング力が上達します。

なぜなら?
例えると幼い子供が言葉を習得することを想像してみよう、子供は言葉の意味が分からなくても発音をまねて話しをします。つまり子供はヒアリングを先に習得しているのです。

リスニングを上達する方法はいくつかありますが、リスニング教材を使う手段もありますがここで一つ例を挙げると会話の意味をより理解を深めるにはある程度のボキャブラリーの数と言い回しやスラングを知っておくことで英語の音がすんなり耳に入り意味を自然と組み込むことができます。

例えばネイティブ同士の会話は私たちが学校で習った英単語や文法どおりには話しません、バスや地下鉄に乗ると広告などに表示されているキャッチコピーの文字生きた英語を知っておくと自然と会話がスムーズになります。


ビデオで聞き取り英語の練習はどうなの?

チェック
英語初心者レベルの段階ではビデオで聞き取りの英語学習はあまり好ましくありません、視覚と聴覚が同時に働くと両方が影響し合いどちらの能力も発揮されません。
ただし、リスニング能力が完全に身についているレベルであれば上達の効果を発揮することが期待できます。




QLOOKアクセス解析