動画で英語リスニングと発音練習ができる無料サイト

plasticを使った英語表現

アメリカの航空会社も激闘の中で生き残りるため乗客に対するサービスはもちろんのこと、サウスウエスト航空は他社と差別化し機内アナウンスを男性のフライトアテンダントがRAPで乗客を楽しませるユーモアなサービスが数年前から好評になり黒字経営を維持している,、その企業努力はビジネス界においても高く評価されています。

チェック
アメリカ英語も勉強できます、フライトアテンダントが機内アナウンスをRAPで!?サウスウエスト航空の実際の動画を一緒に見てみましょう!



チェック ここで注目してもらいたい英語フレーズ⇒「you gotta pay the plastic」


動画をご覧になっていかがでしたか?
乗客も皆ノリがよく、私はそんなところがアメリカらしくて好きです。

さて、機内アナスンスの英語ってお決まりのフレーズが大半を占めていると思いますが、今回はちょっと想定外の単語が沢山使われていましたよね。

アナウンスの途中で機内ドリンクサービスの案内がされていましたね、
お支払いは「現金は受け付けていません」、plastic意味(クレジットカード)でお願いしますとアナスンスされていました。

皆さんは,、その部分の英語単語を聞き取れましたか?you gotta pay the plasticとはアメリカ独特の言い回し表現でよく使われます。

街の小さな個人経営のお店で買い物する際にレジで「paper or plastic」と店主さんに聞かれることもあります、
紙袋にしますか、それともビニール袋に商品を入れましょうかということです。
機内であえてplasticとう単語を選んで使うことにより乗客と客室乗務員の間に親近感が生まれます。

plasticは日本語でも定着しているプラスティック素材の物、クレジットカードもプラスティック素材でできていることから支払いの際に使う表現になります。

もしも、こんな機内アナスンスがあったら?


チェック
続いて今度は、ジョークぽく、”したたかな英語表現”でフライトアテンダントが乗客に別途料金をスマートに案内しています。
なおこちらの動画はサウスウエスト航空とは関係ありません、おそらくコメディの番組ではないでしょうか?


チェック
いかがでしたか?今度は全く違った英語表現を使った機内アナスンスがされまていましが聞き取れましたか?

チェックでは、ここで使われた料金に関われる英語表現を2つピックアップします。

1:purachase 意味は「この料金でお求めいただく」、という断定

動画の中で使われた表現⇒ seat belt can be purachased for five dollars

2:free of cahrage 意味は無料

日本語で直訳し間違って使われがちな言い方、無料を「Free」と一言でいう方が多く見受けられます。
もしfreeと一言で言ってしまうと意味が全く別になります、ここで例をご紹介しますのでご参考ください。

例文:smoking free 喫煙してはダメな場、sugar free 砂糖を含まない

英語リスニングのコツを掴む


チェック
英単語をハッキリと聞き取りができない、それはヒアリングとリスニングを区別して勉強すれば解決します。
言語を取得するには文法を学ぶことも大切ですが、英語は音から耳を慣らすことにより上達の効果がより早まります。

スコットペリー:英語メルマガ無料


チェックコチラをご覧ください≫≫ こんな人達に評価されています!


チェック リスニング英語の上達のコツが掴める


チェック次の特集ページはコチラインフォメーション英語リスニング上達方法


QLOOKアクセス解析